トリプルセンサー

Triple Sensor

3つの小型センサーで方位、 気圧/高度、温度を計測。
刻々と変わる自然現象を的確に感知する プロトレックのコアテクノロジー。

第一世代 [1994~]
トリプルセンサー Ver.1
トリプルセンサーの誕生

プロトレックの代名詞であるトリプルセンサーは1994年に誕生。
バッテリー駆動により、方位、気圧/高度、温度を計測。

トリプルセンサー Ver.1

磁気センサー

MR素子(磁気抵抗素子)を使用したセンサーにより、地磁気を感知し方位を計測。

圧力センサー

シリコーン基板上の拡散抵抗が歪むことで起こる抵抗値の変化「ピエゾ抵抗効果」を利用し、気圧を計測。

温度センサー

温度に敏感なファインセラミック半導体「サーミスタ」を利用することで、温度を計測。

1994

トリプルセンサー 初搭載モデル

1994年、カシオ初のトリプルセンサー搭載ウオッチが発売しました。当時はまだプロトレックブランドは無く、トリプルセンサーを搭載したモデルは、「ATC-1100」として発売されることになりました。「ATC-1100」の高度計測は、4000mまでしか対応していませんでした。

ATC-1100

ATC-1100

トリプルセンサー 初搭載

1995

プロトレックブランド 誕生

1995年、プロトレックブランドが誕生しました。ユーザーの環境情報を取得し表示する「ATC-1100」のコンセプトを踏襲し、プロトレック「DPX-500」と名づけられました。真のユーザビリティを追求し続けるアウトドアウオッチブランドを目指し、プロトレックはスタートしました。

Episode

カシオのアウトドアウオッチとしては、プロトレックが誕生する2年前の1993年にOVERLANDという視認性を重視したアナログのアウトドアウオッチの発売を開始していた。

DPX-500

DPX-500

プロトレック ブランドの 初号機

1999

高度計 6000m対応

本格的な登山をサポートするため、高度計の更なる改善に取り組みます。1999年発売の「PRT-1400」では、高度計測6000mに対応しました。

PRT-1400

PRT-1400

高度計 6000m対応

2000

高度計 10000m対応

2000年発売の「PRG-40」では、ついに高度計測10000mに対応します。世界最高峰のエベレスト(チョモランマ)でも標高8848mと言われています。

PRG-40

PRG-40

ダイレクトボタンと 2層液晶搭載
高度計 10000m対応

第二世代 [2002~]
トリプルセンサー Ver.2
ソーラー駆動の実現

カシオ独自のソーラー充電システム、
タフソーラーの搭載により、ソーラー駆動によるセンサー計測を実現。

トリプルセンサー Ver.2

磁気センサー

MI素子(磁気インピーダンス素子)の利用で、磁界検出感度向上、低電力化、ソーラー駆動を実現。

圧力センサー

Ø5.8mmからØ4.0mmへ小型化。体積比60%のダウンサイジングを実現し、計測精度も大幅に向上。
(※2009から実装。)

2002

ソーラー充電システム “タフソーラー”を搭載

カシオはソーラー充電システム(タフソーラー)により安定してセンサーを駆動させるトリプルセンサーVer.2を開発しました。2002年に初搭載モデル「PRG-50」を発売します。タフソーラーにより、強負荷のかかる各種機能の安定駆動を実現します。

Episode

タフソーラーとは、蛍光灯の光でも発電するソーラーパネルと、電力消費の大きい機能を使用可能にする大容量二次電池との組み合わせによる、カシオ独自のソーラー充電システム。暗所に放置すると一時的に表示を消す“パワーセービング機能”を搭載。1998年、G-SHOCKのDW-9300J(RAYSMAN)に初搭載されている。

PRG-50

PRG-50

トリプルセンサー Ver.2
初搭載

2009

圧力センサーを 体積比60%の ダウンサイジング

プロトレックアンバサダーの竹内洋岳氏により、8000m級登山での使用感のフィードバックを受け、プロトレックの薄型化を改良テーマとします。試行錯誤の中、圧力センサーをØ5.8mmからØ4.0mmへ小型化し、体積比60%のダウンサイジングを実現しました。新開発の小型圧力センサーを搭載した「PRW-2000」は、薄型化しながらも世界6局の標準電波の受信機能や、2層液晶機能も搭載するなど、プロトレックの最高峰ライン “MANASLU” として発売されました。

PRX-2000T

PRW-2000T

最高峰ライン “MANASLU” 誕生

第三世代 [2013~]
トリプルセンサー Ver.3
先進のセンサー技術が生んだ、 新たなるトリプルセンサー

95%のダウンサイジング化を実現した新開発の小型磁気センサーと、計測精度を高めた圧力センサーを搭載。
この新型センサーと処理能力を向上させたカシオ独自のセンサーICを組み合わせることで、トリプルセンサーの機能を飛躍的に高めた。

トリプルセンサー Ver.3

磁気センサー

95%のダウンサイジング化を実現。省電力化により連続計測時間を20秒から60秒に延長。

圧力センサー

センサーの計測精度を高めることで、より速く、正確な気圧/高度計測を実現。

2013

新開発の
トリプルセンサー Ver.3を搭載

2013年、トリプルセンサーVer.3を搭載した「PRW-3000」を発売。トリプルセンサーVer.3の恩恵は、ボディの薄型化や、軽量化、デザイン性の向上、多機能化など広範囲にわたります。とくに気圧計測精度向上は、高度を1秒間隔、1m単位で高速、高精度に計測が可能になり、急激な気圧変化をアラームで知らせるなど、アウトドアギアとしての性能も向上しました。

PRW-3000

PRW-3000

トリプルセンサー Ver.3
初搭載

2016

方位計測の 機能が向上

2016年発売の「PRW-7000」では、加速度センサーを磁気センサーの補助として搭載することにより、腕の傾きを気にせずに使用可能な、自動水平補正機能付き方位計測を実現しました。

Episode

プロトレックの初のアナログムーブメントを搭載したモデルは、2003年発売のPRG-60。アナログによる直感的な視認性は、その後も改良を続け、PRW-7000の大胆なデザインへと昇華される。また、2012年には、デジタル液晶を取り除いたフルアナログモデル、PRX-7000Tも発売している。

PRW-7000

PRW-7000

自動水平補正機能付き 方位計測搭載